相続の順位と相続放棄の順位について

被相続人が亡くなり残された財産を相続できるのは、法定相続人です。
法定相続人として挙げられるのは被相続人の子供や孫、配偶者などです。
では、相続する順位と共に相続放棄する順位についても詳しく見ていきましょう。

・相続する順位は?子供でも相続放棄は出来るの?
被相続人が亡くなり被相続人が保有していた財産については、基本的に相続する順位が定められています。
順位としては第1が被相続人の子供または孫、第2が被相続人の親、第3が被相続人の祖父母となっています。
このため、被相続人が亡くなってしまうと配偶者はもちろん、必然的にその子供が相続人となってしまうということです。
被相続人の子供であったとしても財産を必ず相続しなければならないと定められているわけではなく、自分の意思で相続放棄をすることが可能です。
しかし、子供が相続放棄をしたいと考えなかった場合は、配偶者と子供たちで被相続人が残した財産を分割して相続することになります。

・相続放棄する順位
相続放棄をする順位としては配偶者や子供が第1となります。
配偶者と子供が相続放棄した場合、第2の相続人である被相続人の親が相続放棄ができるようになります。
第2の親が相続を放棄した場合は、第3の祖父母が相続放棄を行えるようになります。
仮に、第1〜第3の相続人全員が相続放棄をしたとすると、被相続人の兄弟姉妹にあたる人が財産の相続をすることになってしまいます。

また、被相続人の子供が相続放棄をした場合は、孫に財産の相続が行われることはありません。
財産の相続放棄を行う場合は、自分のことだけでなく被相続人から見て孫にあたる人のことも考えて相続放棄を行わなければなりません。
相続放棄により代襲相続が発生することはないので注意しましょう。
マイナスの財産があったとしてもプラスの財産で何とか補えるという場合は、相続放棄をせずに相続を受け、新たな相続人が選出されないようにすることも大切です。