相続放棄したら保険でもらえるお金は相続できないの?

財産の相続については詳しいことが分からないという人が多いです。
詳しいことが分からないという人の中には、相続放棄をすると生命保険が受け取れないのではないかと考える人もいます。
被相続人が保険である生命保険に加入していた場合、相続放棄をしてしまうと生命保険の受取人は自分の名前になっていたとしても、死亡保険金をもらうことは出来ないのでしょうか。

・相続放棄すると生命保険も受け取れないの?
被相続人が亡くなり財産の相続放棄をしてしまうと、生命保険の受け取りも出来なくなると考えている人は多いです。
しかし、実際には生命保険は相続財産ではなく、生命保険の受け取りは固有財産と言えるでしょう。
このため、生命保険の受取り人が自分の場合になっている場合、相続放棄をしてもしなくても保険でもらえる死亡保険金を手にすることができるんです。
ですが、生命保険の件で間違えてはならないのが、生命保険に対しても税金がかかるという面です。
生命保険で死亡保険金を受け取った人は、その中から相続税を支払わなければならないので注意しましょう。

・死亡保険金の非課税はいくら?
生命保険で課税されるのは被保険者・契約者が被相続人で、受取人が配偶者だった場合です。
死亡保険で受け取ったお金は「みなし相続財産」となり、相続税の課税対象となってしまいます。
しかし、死亡保険金として受け取った金額すべてに対して税金がかかるというわけではなく、死亡保険金には非課税になる制度があり一定額までは控除してもらえます。
死亡保険金の受け取りが相続人である場合は、500万円×法定相続人の人数によって非課税額が決まるように設定されています。

このように被相続人の財産を相続放棄したとしても、生命保険の死亡保険金については受け取ることが出来ます。
生命保険に加入していた場合、死亡保険金の非課税額はいくらなのか、相続税としていくらかかるのかなどを計算しておいたほうがいいかもしれません。