相続放棄すると相続する権利は誰に移るの?

被相続人に配偶者や子供がいた場合は、当然財産を相続する権利は配偶者と子供にあります。
しかし、財産の相続は絶対ではなく、相続放棄をする権利もあります。
相続人が相続放棄をしてしまうと新たな相続人が選出され、全財産が相続人の手に渡ってしまいます。

・子供が相続放棄すると相続権利は誰になるの?
被相続人が亡くなりその子供が相続放棄をしたときは、第2相続人となる被相続人の親が財産を相続する権利が与えられます。
この場合、子供が自分の意思で相続放棄をしただけなので、配偶者はもちろん財産を相続する権利が残っています。
配偶者も子供と同様に相続をするか相続放棄をするかを決める権利があり、相続したくないと考えるのであれば相続放棄をしたほうがいいでしょう。

・配偶者と子供が相続放棄をした場合相続権利は誰になる?
仮に、被相続人の配偶者と子供が相続放棄をした場合は、第2相続人となる被相続人の親に対して財産を相続する権利が与えられます。
しかし、第2の相続人も相続をしたくないという場合であれば、第3の相続人である祖父母が被相続人の財産を相続することになってしまいます。
ですが、被相続人の祖父母ということになればかなり高齢であると考えられるため、権利が与えられたとしても相続放棄してしまう可能性が高いと言われています。
仮に、祖父母がいない場合、または祖父母が相続放棄をした場合は、被相続人の兄弟姉妹に財産を相続する権利が与えられ、マイナスの財産に対しても支払いを行わなければならなくなります。

基本的に被相続人の配偶者と子供が相続放棄をするということは、第2・第3にあたる相続人が相続放棄をすることも十分に考えられます。
マイナスの財産しかなかった場合は、新たに選出された相続人から恨まれてしまう可能性も高いので、相続放棄をしても資産を持っている人がいるかを考えて相続放棄をしたほうがいいかもしれません。
第2・第3の相続人が相続放棄してしまった場合は、被相続人の兄弟に負担が圧し掛かってしまうのでよく考えてから相続放棄しましょう。