被相続人からの財産を相続したくない!相続放棄とは?

自分の親が財産を残してなくなってしまった場合、財産の相続が発生してしまいます。
しかし、自分は財産の相続をしたくないと考える人もいるでしょう。
そんなときは、相続放棄という形で財産を他の人に相続してもらえるように意思表示をしましょう。

・相続放棄とは?
そもそも相続放棄とは、被相続人からの一切の財産を相続しないことを意味しています。
これにより、財産の現金や預貯金はもちろん、不動産や株など価値のあるものを被相続人からもらうことは出来ません。
相続放棄はきちんとした手続を行わなければならないのですが、手続きをした後で自分が欲しいと思える財産が出てきたとしても財産の相続をしてもらうことは出来ません。
一度、相続放棄の手続を行ってしまうと撤回することが出来ないのが相続放棄なので、よく考えてから結論をだし相続放棄の手続を行いましょう。

・相続放棄のメリットとデメリット
相続放棄の最大のメリットは、被相続人の借金や未払いの税金などを相続しなくてもいいということです。
仮に、被相続人が数千万円の借金を抱えていたとしても、相続放棄をしたことによりあなたが支払いに追われることはありません。
借金の相続をしてしまうと支払いが滞ってしまったときに、資産を差し押さえられてしまう可能性もあるのですが、相続放棄したことでこういった心配もなくなりますよ。
相続放棄のデメリットでは借金が多かった場合に、家族関係が悪化することが考えられます。
あなたが相続放棄をすると新たに相続人が選出され、マイナスの財産を背負わされてしまった人からは恨まれてしまう可能性もあるので注意しましょう。

このように、被相続人が亡くなり親の財産を相続することになっても、財産の相続が嫌だという場合は自分の意思で相続放棄が出来ます。
相続放棄のメリットは借金を相続しなくなるという点で、支払いに追われたり、資産を差し押さえられる心配はありません。
しかし、相続放棄をしたとしても借金がチャラになるわけでなく、次に相続人として選出された人が借金を返していかなければならなくなります。
財産の相続をするか相続放棄をするかは、よく考えてから決めましょう。