被相続人から財産を相続するときどんなものが相続できる?

被相続人が亡くなり財産を相続することになった場合、どんな財産を相続することができるのでしょうか。
被相続人から財産として相続するものは、大きく分けてプラスの財産とマイナスの財産があります。
プラスの財産とマイナスの財産はたくさんあるので一覧で見てみたいと思います。

・相続する財産にはどんなものが入るの?プラスの財産編
※プラスの財産
1,不動産
・土地(宅地や農地)や建物(アパートやマンション)
・借地権・借家権・貸借権・温泉地
・牧場・山林・原野・鉱泉地など

2,現金や株など
・現金・預貯金・株・国債・社債・貸付金・売掛金・手形・小切手など

3,動産
・家財・自動車・船舶・貴金属・美術・商品・原材料・製品・生産品・果樹など

4,その他
慰謝料請求権・損害賠償請求権・電話加入権・ゴルフ会員権・特許権・著作権などがあります。

・相続する財産にはどんなものが入るの?マイナスの財産編
※マイナスの財産
1,借金関係
・借金(クレジットカードや金融機関)・買掛金・住宅ローン・手形・小切手など

2,税金
未払いの所得税や住民税・健康保険等の未払いなど

3,その他
未払いの家賃や地代・医療費などの未払いなどがあります。
基本的にプラスの財産を相続することになったとき、マイナスの財産があるとプラスの財産から差し引かれてしまうので注意しましょう。

・被相続人が連帯保証人になっていた場合
家族も知らない間に被相続人が連帯保証人になっていたとしても、原則として連帯保証人の放棄をすることは出来ません。
このため、連帯保証人の件に関しては相続人に引き継がれてしまうので、プラスの財産しかなかったとしても相続放棄をするのも1つの手です。

このようにプラスの財産には不動産や現金、株や貴金属などが入ります。
マイナスの財産である住宅ローンについては団体信用生命保険に加入している場合は、相続時に問題になることはありませんよ。
トラブルになりやすい財産はマイナスの財産についてなので、マイナスの財産がある場合はよく検討をして相続放棄をしましょう。