財産の相続をしない!相続放棄ができる期限はいつまで?

被相続人が亡くなり財産の相続が開始されてから、財産を相続しないと決断することを「相続放棄」と言います。
相続放棄には期限があり、ある一定の期限を過ぎてしまうと相続放棄しようと思っていても、財産の相続をしなければならなくなってしまうので注意しましょう。
では、相続放棄における申告の期限について見ていきましょう。

・相続放棄が出来る期限は?
相続放棄ができる期限は相続が開始したことを知ってから3ヶ月以内と定められています。
このため、3ヶ月以内のうちに相続放棄として、家庭裁判所に必要な書類を提出しなければなりません。
基本的には相続放棄ができる期限内に申告を行わなければならないのですが、相続放棄の期限を過ぎてしまっても相当の理由があれば相続放棄が認められることもあります。
例としては相続人が被相続人との関りがなかったり、相続人が知らない借金があったことなどが挙げられます。
こういった理由があれば、期限を過ぎてしまったとしても相続放棄を行えるとされています。

・期限って延長することはできないの?
原則としては、3ヶ月以内に相続放棄の申告を行わなければならないのですが、場合によっては3ヶ月以内に申告が出来ないケースもあると考えられます。
被相続人の総財産を計算しプラスの財産とマイナスの財産を確認したり、被相続人が隠していた財産が次々と出てきた場合は相続したほうがいいのか、相続放棄をしたほうがいいのかを決めるのは容易ではありません。
3ヶ月以内に相続放棄の申告が出来ない場合は、熟慮期間を延長してもらうのがおすすめです。
熟慮期間を延長してもらうには家庭裁判所に申し立てを行い、延長を許可してもらう必要があります。

このように相続放棄が出来る期限は3ヶ月以内と定められています。
この期限を延長してもらうためには家庭裁判所の許可が必要なのですが、熟慮期間は必ずしも延長してもえるわけではありません。
延長をしてもらえたときは期限内にプラスの財産とマイナスの財産を計算し、相続をするか相続放棄をするかを考えましょう。