財産の相続を放棄したいときは弁護士や税理士にお願いしよう!

被相続人から財産の相続を受けるにしても、マイナスの財産しかなかった場合はどうすればいいのでしょうか。
マイナスの財産しかなかった場合は、自分のプラスになる相続をしてもらうことが出来ないため、相続放棄をしたほうがいいのではないかという意見が多いです。
では、その相続放棄は誰に頼めばいいのかを見ていきましょう。

・相続放棄の手続は弁護士や税理士などの専門家に依頼
相続放棄を行う際は添付書類が必要になり、自分では仕事をしながら手続きを行うのが難しいと感じる人もいるでしょう。
相続放棄の手続を行う場合は、弁護士や税理士などの専門家に依頼をしたほうがいいと言われていて、相続放棄のタブーも把握しているため安心して任せられるとも言われています。
また、弁護士や税理士などは手続きの期限を把握していること、アフターフォローまでしっかりと行ってもらえるので、費用が掛かったとしても自分で手続するよりは簡単だということで利用する人が増えているようです。

・相続放棄は弁護士や司法書士よりも税理士がいい?
最近では、不動産などの登記を行う際に、司法書士に一緒にお願いをしたほうがいいのではないかという意見もあるようですが、弁護士や税理士の方が相続に関して長けているので、こういったところに依頼をしたほうがいいと思います。
費用の面から見てみると弁護士と税理士とでは弁護士の方が高いと考えられるので、安く相続放棄の手続をしてもらいたいという場合は税理士にお願いしてみるたほうがいいのではないかと考えられます。

このように相続放棄を行うには添付書類が必要だったり、手続きを行う手間がかかってしまうこともあるので弁護士や税理士の方に依頼をしたほうがいいと考えられます。
こういった人たちに依頼をすれば期限までに相続放棄を行うことができ、書類を集める手間や時間を削減できるでしょう。
仕事や家事、育児等で相続放棄を行う時間がないという場合は、弁護士や税理士に依頼をして相続放棄を行ってもらいましょう。